身内からお金を借りる時は…旦那?兄弟?子供?一番いい選択教えます

お金は金融機関を通して借りることができますが、高い利子が求められることもあり、利用する上で悩む人も多くいます。そこで、一時的に少額のお金が必要な場合や高い利子を支払いたくない場合などは、金融機関ではなく家族や親せきからお金を借りる方法もあります。一番頼みやすいのは、旦那など自分にとって一番身近な存在でしょう。家計を同じにする人であることからも、相談しやすい人だと言えます。続いて、兄弟・祖母・子供から借りるという方法もあります。自分にとって身近な人の中から、借りられる人を考えてみしましょう。中でもおじいちゃん、おばあちゃんであれば、説教をされたり怒られるなどの心配なく借りやすいという人が多くいます。自分にとって優しい存在であればなおのこと、借りやすいのではないでしょうか。

 

そして、身内からある程度まとまったお金を借りる場合に便利なのが、借用書の作成です。これはいつ・誰が・いくらの金額を借り、毎月いくらずつ返済をするのかなどを記載し、署名・捺印する書類で、きちんと作成すれば法的拘束力を持つ書類です。身内であるからこそ、金銭トラブルなどの心配事は避けたいところです。そこで、必要に応じて借用書を作成しておくと安心です。

 

身近な人からお金を借りれば金利なし?カードローンとの違い

どうしてもお金が必要になったとき、金融機関や親を頼る方法以外にも先輩や友達をはじめとした知人から借りるという手があります。とはいえいくら仲がいい相手でもなかなか言い出しにくくて悩んでいる方や、反対に気軽な気持ちで借りてしまってトラブルになり後悔している方も珍しくないでしょう。身近な人に借金を申し込むメリットとリスクを十分に把握しておくことが大切です。

 

ビジネスのために融資を行っている金融機関とは違い、知人への借金は返済期限や金利などの融通が利きやすい点が長所として挙げられます。また複数人から少しずつ借りることである程度の金額なら集めることが可能になります。

 

ただし注意しなければならないのは、安易に借金をするとトラブルに発展し信頼を失ってしまいがちな点です。例えば結婚を考えている恋人や気になっている異性の場合、お金にルーズな人だと思われて関係にヒビが入る可能性が高まります。さらに上司や同僚であれば仕事での評価を左右しかねません。トラブルをできるだけ回避するためにもお互いの関係性を考慮した上で相手を選び、いつまでに返済するのかきちんと取り決めるようにしましょう。縁を切られたくないのなら誠実な態度を見せて約束をしっかり守ることが重要です。