水商売ならではのお金を借りる方法

夜職や水商売でもお金を借りる方法はありますので、あきらめないことが肝心です。夜職や水商売の人は普通の会社勤めのサラリーマンよりは不安定な立場に置かれていますが、カードローンやキャッシングがその職業に就いているだけで制限されることは稀といえます。お金を借りようとしている本人に定期的かつ安定的な収入があれば、職業にかかわらず申し込みは可能で、これは銀行系と消費者金融系を問わず共通しています。ただし銀行系の場合はカードローンやキャッシングの審査は厳しいことが多いため、たとえば勤続年数が長く信用力があるかどうかなどもポイントになります。

 

ほかに注意したいのは在籍確認の電話です。カードローンやキャッシングの審査では職場への在籍確認はほぼ当たり前のように行われています。逆にこの在籍確認ができないと審査落ちすることもあります。そのため本名で指名された電話に職場で出ることができるかどうか、また審査可能な時間帯に出勤することができるかどうかなどは、事前によく考えておくことが必要です。もしも電話では都合がつかない場合には、一部の消費者金融系のカードローンやキャッシングでは、電話以外の方法による在籍確認について、相談に乗ってもらえることがあります。