今すぐ借りたい!急いで借りるなら職業にあったキャッシングを!記事一覧

公務員や会社員、特に正社員の場合にお勧めなキャッシングは銀行カードローンです。間違えやすいですが、銀行系カードローンではありません。これらには大きな違いがあるため、申し込みの際に混同しないように注意しましょう。銀行系と呼ばれるものは、銀行の傘下にある消費者金融です。独立系の消費者金融よりは経営体力がありますが、貸金業であることには変わりがないので総量規制の対象になり、年収の3分の1までしか借りられ...

総量規制と呼ばれる法律ができてからはカードローンやキャッシングサービスの利用者は自分の年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。この総量規制の法律ができてからは大手消費者金融のキャッシングサービスなどは専業主婦のように申し込み者本人に継続収入がない場合には契約を不可としたため、専業主婦がカードローン契約をすることは極端に難しくなってしまいました。もしも専業主婦で突発的にお金が必要となった場合...

年金受給者は一般にはお金を借りることが難しいとはいわれていますが、必ずしもすべてのケースで借り入れができないわけではありません。年金受給者であってもお金が借りられる方法はあります。たとえば民間のカードローンやキャッシングを利用する方法です。この場合ですが、銀行系や消費者金融系という種類を問わず、安定して継続的な収入があることは絶対的な条件になります。しかし何をもってこれらの収入に該当すると考えるの...

銀行や信用金庫などの金融機関は法人に対しては積極的に融資をしようとする姿勢がある一方で、自営業者やフリーランスや個人事業主などの個人で起業をした人や独立して事業を営んでいる人にはあまり融資をしたがらない傾向があります。このため事業性資金を確保するのに苦労する個人事業主は数多くいるのですが、具体的にはどの金融機関からどのような融資を受ければ良いのでしょうか。自営業者などがお金を借りる手段として特にお...

学費の不足が生じた場合や、急な実習費や旅費が必要になった場合、大学生とはいえども借金を検討する必要が生じます。ところが学生は収入面で不安定ですから、どの金融機関も社会人に比べて審査を厳しめに設定しています。特に、一部のネット銀行などを除いた銀行のカードローンやキャッシングは、審査を通過できない学生も少なくありません。銀行のカードローンやキャッシング以外の方法として、消費者金融を利用する方法がありま...

外国人でもお金を借りることは可能です。現在では銀行などの金融機関でも、外国籍だからという理由だけでカードローンやキャッシングの申し込みを断ることはあまりないといえます。ただし銀行の場合は永住権があって返済の見込みが確実にあることがポイントになってきます。そこで申し込みをするにあたっては特別永住許可証や在留カードなどといった、何らかの証明になる書類を提出する必要があります。外国人とはいっても永住権を...

夜職や水商売でもお金を借りる方法はありますので、あきらめないことが肝心です。夜職や水商売の人は普通の会社勤めのサラリーマンよりは不安定な立場に置かれていますが、カードローンやキャッシングがその職業に就いているだけで制限されることは稀といえます。お金を借りようとしている本人に定期的かつ安定的な収入があれば、職業にかかわらず申し込みは可能で、これは銀行系と消費者金融系を問わず共通しています。ただし銀行...