【最短申し込み】カードローンで早く融資をうけるコツ

利用しやすい借入サービスとしてカードローンがあります。一度利用のためのカードを作っておくと、それ以降は利用のたびに審査を受けることはありません。ですから、借りたいときに借りることができます。借入サービスなので審査などがあるので、使う予定があるなら予めカードを作っておくと良いでしょう。どのような流れになるのかを知っておけば、いざというときに困りません。

 

一般的には、各金融会社の窓口に行きます。申し込みの用紙に自分の情報を書き入れ、窓口に提出をします。その時には審査のための一定の情報の提供も求められます。最短でその日に審査がおり、その日に借りられるときもあります。注意点として、申し込んだ時間によって借り入れられるタイミングが変わります。何時までに申し込めばその日のうちに借りられますが、それを過ぎると翌日以降になります。

 

近くに窓口がない時、窓口が開いていないときは無人契約機などの利用ができます。ATMのような機械があり、そちらで手続きができます。深夜や休日などでも申し込めます。さらに便利な方法としてインターネットの利用があります。各金融機関のホームページから手続きをして、書類もアップロードの手段で提出をします。審査が通れば、振込で所定の口座に入金してもらえます。

 

【必要書類】本当に必要な書類はなに?身分証明書等について

キャッシングサービスを提供している会社によって必要書類は異なりますが、基本的に身元を示すものと返済能力があるかどうかを示す必要書類を提出することになります。金融会社は返済できるかどうかによって、借り入れを行うかどうか決定しますし、融資をする金額を決定するときにも影響が出ます。身分証明書となるものとして、健康保険証や印鑑証明書、免許証、パスポートなどのコピーが当てはまります。運転免許証や住民基本台帳カードには顔写真が掲載されていますから、それだけ信用が高いものになります。

 

以前に住基カードを取得していたりマイナンバーを把握していれば、官公庁発行書類として住民票や印鑑証明が発行しやすくなります。健康保険証や住民票は顔写真がついていないので、金融会社によっては1つだけでなく2つの書類を提出することが求められる場合もあるので確認することが重要です。そして返済能力があるかどうかを示す書類は、給料明細や源泉徴収票があてはまりますが、発行されてから2か月以内のものが必要です。賞与支給がある場合は、それらを提出することによって借り入れ金額を多くすることができるので賞与明細書も提出することをおすすめします。

 

カードローンって審査が甘いの?

キャッシングで審査通らない人は、お金を借りる審査で何をチェックされているのか知っておくと良いでしょう。過去に支払いの滞納や債務整理をした経験がある人は、個人信用情報機関と自社記録に注意が必要です。前者は5年以上経過すれば削除される記録なので、時間経過で影響がなくなります。後者は基本的に残り続けるものなので、以前にトラブルを起こした金融機関に申し込みを行っても通ることはないと考えた方が良いです。

 

収入に関しては高額の借り入れを希望するときは金額が重要ですが、契約だけで考えると安定性の方が重要になります。お金を借りるために仕事を始め、すぐに申し込みをしても信用は得られません。継続して勤務して収入が途絶える危険性が少ないと判断される必要があります。

 

確実にキャッシングを利用したい場合には審査が甘い消費者金融から借りた方が良いでしょう。銀行と比べてこちらの事情を配慮してもらえることがあり、大手の一部では在籍確認を勤務先への電話ではなく書類代用に切り替えてくれる場合もあります。銀行では基本的にこのような対応は行っておらず、アルバイトやパートでは利用不可などの制限をしていることもあるため、利用が難しくなっています。