国金でお金を借りよう!安心して借りる為の知識

どこかから必要なお金を借りると聞くと、消費者金融やカードローンを真っ先に思い浮かべる方がほとんどでしょう。しかし、実際にはそうした所からだけではなく、公的機関から借りることもできるのです。例えば、区役所や市役所などの役所には生活福祉資金貸付制度と呼ばれるものがあり、低所得者世帯や障害者世帯の人がお金を借りることができるようになっています。このように役所で融資を受けるなら、社会福祉議会がお金を貸してくれることになりますが、低金利で貸し付けを行なってくれるため、非常に利用しやすいというメリットがあります。

 

また、中には母子家庭や父子家庭の人でお金を借りたいと思うことがあるかもしれません。そのような場合、各市町村にある福祉事務所に相談するなら、母子もしくは父子福祉資金貸付を受けることができるでしょう。もう一つは、国金つまり通称公庫と呼ばれているものです。この国金は、現在では株式会社や独立行政法人などに形を変えており、違う名前で存在していると言われています。加えて、生協は基本的に言って公的機関ではありませんが、最近では貸付事業も行なっているため、生協からもお金を借りることができると言えるでしょう。